バイオディーゼル
 ◎株式会社 日本バイオディーゼル機器は本物の燃料技術開発・安心の提供
 私たち、株式会社日本バイオディーゼル機器スタッフはバイオディーゼル燃料の品質にこだわり、本物の軽油代替燃料開発に日々努力しています
 バイオディーゼルの普及は2008年5月に原油高騰によりガソリン価格が異常に高くなり、一挙に使用済み天ぷら油から精製できるバイオディーゼル
 燃料が注目を浴び各産業分野で導入されました。
 それまでには民間企業に於いて福祉施設などが少量に精製し近隣の運送会社が特定の車両に使用している状態でした。
 2008年度は、各メーカーが短時間で精製できる機械装置の販売に主力を置かれた時代であり、当年度の冬にバイオディーゼル使用車両がエンジ
 ントラブル多発し、新聞紙上にも大きな問題として発表されました。
 化石燃料は無限ではありません、また化石燃料は地球温暖化の原因です。私たちの地球を守のは1人1人の心遣いが必要です。
 使用済み天ぷら油を捨てれば環境破壊、ゴミ問題となりますが、バイオディーゼル燃料は廃食油のリサイクルで地球に人に優しい燃料です
 私たちはこの素晴らしいバイオディーゼル燃料でトラブルの起きない本物の燃料を精製し、地球温暖化防止、地域産業の発展に寄与します。

                                                           株式会社 日本バイオディーゼル機器スタッフ一同
  社  名     株式会社 日本バイオディーゼル機器
 
  英  文     Japan Bio Diesel Machine Company Limited

  本  部     千葉県柏市南柏1−7−6サポーレ南柏5F

  工  場     千葉県柏市高田170番地1(実験プラント設置)

  創  業     1998年10月       バイオディーゼル燃料化の研究開始・油劣化抑止の研究開始

  設  立     2008年8月8日      創業1998年10月バイオディーゼル燃料製造開始

  役  員     代表取締役 荒井 禎恵 

  技術顧問    下橋 英明   トヨタ自動車1級整備士資格 ・ 国家G/D2級整備士資格

  目  的     廃食油再生燃料化装置の製造及び販売
            毒物、劇物等の化学薬品、工業薬品の製造及び販売



  沿  線

            1998年10月 バイオディーゼル燃料開発に着手 (バイオディーゼル燃料実験車両運転開始)

            2005年8月  バイオディーゼル燃料精製法について研究開始(アルカリ2段階方式・酸アルカリ方式)

            2006年8月  前処理・反応・洗浄・脱水・添加剤処理  連続バッチ方式実験プラント開始

            2008年7月  600リットル72時間連続バイオディーゼル燃料精製プラント設計

            2008年9月  アルコール回収付き食用廃油燃料化装置開発製造開始

            2008年9月  各薬品等による排水処理研究開発 高分子凝縮剤にて実験開始

            2008年9月  バキュームポンプによる強制アルコール回収装置開発

            2008年9月  V−HOPE 100型・200型 アルコール回収付き新機種発表

            2009年3月  V−HOPE全自動型(電子の目採用)の開発実験開始
HOME             ↑TOP