バイオディーゼル

V−HOPE単体では半自動型として使用できます(アルコール回収付き)

◎V−HOPE機器のスケルトン状態の理由
 V−HOPEは、劇物・毒物を使用して物質を化学変化させる立派な化学プラントであり、化学プラントの構造たる定義に従って製作致しました
※液漏れ、ガス漏れが容易に発見する事が出来る事・・・・・石油コンビナートなどと同様な構造であること(機器類をカバーで囲ってはならない

◎半自動式のバイオディーゼル燃料精製手順について
 1:廃食油100リットルを 『V−HOPE100型』 に投入する
 2:温度セットし撹拌モーターSW/ONする
 3:アルカリ触媒を注入する(化学反応開始)   ※直接臭いなどを嗅ぐと危険ですからご注意下さい、火気厳禁です
 4:分離した粗グリセリンを取り出します
 5:『V−HOPE100型』に温水20L投入、第1回目中和洗浄1
 6:第1回目の洗浄水を取り出します
 7:『V−HOPE100型』に温水20L投入、第2回目中和洗浄2
 8:第2回目の洗浄水を取り出します
 9:『V−HOPE100型』に温水20L投入、第3回目洗浄
10:第3回目の洗浄水を取り出します
11:『V−HOPE100型』に温水20L投入、第4回目すすぎ
12:第4回目の洗浄水を取り出します
13:高温にて余分な水分を蒸発させるとバイオディーゼル燃料の出来上がりです・・・・・・・・全工程時間は6時間〜72時間必要です

◎半自動型のメリットは、機器設備費が安価である事、自分の目で見ながら操作ができるので品質管理がしやすい、製品の歩留まりも良い。

◎『V−HOPE100型』は単体では半自動ですが、導入後に部分的な自動化、全自動化、ドライシステムに仕様変更ができる特徴があります。
BDFはV−HOPEシリーズ
千葉県柏市・(有)サン石井商事様V−HOPE100型の半自動型
お得情報−Wシステムでも価格は1台分です
BDFへようこそ、いらっしゃいませバイオディーゼル燃料装置の連絡はこちらから!
HOME